ギリシャ首相からの謝意

  • News

オートメーション機器製造大手のナブテスコによるギリシャのAI企業、DeepSea Technologiesへの大型投資を受けて、ギリシャ首相はナブテスコのCEOと会談しました。

ギリシャ、アテネ – 2023年9月5日 – 今年7月に世界有数のロボット工学とモーションコントロール機器メーカーであるナブテスコ社がギリシャのAI専門企業、DeepSea Technologiesを買収したことを受けて、同社の代表団は、2023年9月5日、ギリシャのミツォタキス首相、並びに政府高官と会談しました。 この買収は、新たなギリシャのパートナーを自律型グリーン船舶や海洋AI、そして産業機械と再生可能エネルギーのAIオートメーションを開発する卓越した世界の中核的研究機関に育てるというナブテスコの野心的な計画の第一歩です。 この買収は、1月に首相が日本を訪問して以来、初の日本からギリシャへの投資であり、ギリシャで急成長する技術分野に対する大いなる信任投票とも言えるものです。

会談には、ナブテスコ社の木村和正CEOを代表として、桐山朝浩CTO、練馬洋 Nabtesco Technology Ventures AG社長、およびDeepSeaの共同創設者であるKonstantinos Kyriakopoulos CEOとRoberto Koustas社長が同席しました。 DeepSeaのCEOであるKyriakopoulos博士は、同社が新たな成長段階を迎える中で、引き続きアテネから同社の経営を指揮します。 代表団は、首相の他、Hatzidakis財務大臣、Fragkogiannis外務副大臣、Tzortzakisギリシャ開発銀行副頭取、およびその他の要人達と会談しました。 また、日本政府を代表して、中山ギリシャ駐在日本大使も会談に参加しました。

DeepSea Technologiesの買収は、ギリシャの起業環境を世界の舞台に位置付ける上で極めて重要な役割を果たしたことが認められました。 これは、ギリシャの成長戦略の中核を成すもので、近年この分野を支援するための新しい政策がいくつも導入されてきました。 DeepSeaは、今後も海運業界向けに一連の周知の最適化ツールを開発すると共に、ナブテスコ社のAI研究における中核的研究拠点になろうとしています。

DeepSeaの共同創設者でCEOのKonstantinos Kyriakopoulosは、次のように述べています:「ナブテスコと共に海運業界、さらにその他の産業機械業界のAI変革をここギリシャから主導する当社の技術と計画に関して、首相はじめ政府高官の方々が時間を割いて関心を寄せて頂いたことに大変感謝しております。名だたる国際企業によるギリシャの技術的エコシステムへの一連の投資は、その最新の実例が当社であり、来るべきAI技術革命において、我が国が主導的役割を果たすべき大きな可能性を示しています。当社は、才能に溢れた頭脳集団と海運をはじめとする業界における主導的地位を活用し、未来の構築に貢献します。

ナブテスコ社は、国連のSDGsを支持し、ネットゼロへの道程の確立に取り組んでいる日本の多国籍企業です。 この取り組みには、モーションコントロールとその関連技術を専門とするディープテック(差別化された高度な科学、エンジニアリング技術)の新興企業への投資や協業ベンチャー事業なども含まれています。