Eastern Pacific ShippingはDeepSea Technologiesと提携し、フリートの全船舶にAIを活用したパフォーマンスソリューションを導入

  • News
  • News
  • Press

Eastern Pacific Shipping (EPS)は、DeepSea Technologiesと、EPSが保有するフリートの全船舶にDeepSeaの先駆的パフォーマンスモニタリングプラットフォームであるカサンドラを包括的に導入する契約を締結しました。 この戦略的パートナーシップは、DeepSeaの高頻度AIパフォーマンスモデルの精度に関する検証プロセスを広範囲にわたって積み重ねた結果であり、デジタルソリューションを探求するEPSの現在の取り組みをさらに深化させるものになるでしょう。

EPSは、DeepSeaの革新的なカサンドラシステムを活用し、その多種多様な船舶から成るフリートを、AIが生成する正確な船舶機械群のデジタルツインを介してリアルタイムでモニタリングします。 フリートは、バルク船、タンカー、ガス輸送船、コンテナ船、PCTC(自動車専用船)など複数のセグメントに跨ります。 この先進技術を実装することで、EPSは全てのセグメントにわたって高頻度データの活用が可能になります。

EPSは、自社のフリートに率先して革新的技術を採用する海運業界のリーダーとして知られています。 とりわけ、同社の高頻度データ収集センサーを搭載した最新かつ多様なフリート構成は際立っています。 これらのセンサーは、詳細データの収集を容易にし、比類のない精度でフリートのパフォーマンスに関する洞察を可能にします。

海運業界における高頻度データ革命の先駆者であるDeepSea Technologiesは、AIモデリングとデータ集約においても豊富な専門知識を有しています。 DeepSeaはその創設以来、海事業務における高頻度データソリューションの進化に専念してきました。

EPSとDeepSea Technologiesの協業は、EPSに正確で詳細なモデリングと分析の能力をもたらします。 カサンドラソリューションは、フリート全体のパフォーマンスについて最新かつ最先端の情報を提供し、その十分な情報に基づき、EPSは、リアルタイムでダイナミックな意思決定を行うことが可能になります。 このようにして強化された意思決定能力は、燃料消費を最小化することで温室効果ガス(GHG)の排出量を削減し、EPSの脱炭素化の目標達成に貢献するでしょう。

EPSのフリートパフォーマンスマネージャー、Pavlos Karagiannidis氏は次のように語っています::「DeepSeaのカサンドラプラットフォームの力を借りてデジタル変革という旅に船出するにあたり、 私達は単にパフォーマンスを最適化するのではなく、海運事業のより持続可能で効率的な未来に向けた航路を切り拓こうとしているのです」.”

DeepSeaが、このような尊敬すべきパートナーとの協業を非常に歓迎していることは、 CEOのKonstantinos Kyriakopoulos氏の次のようなコメントにも示されています:「私達のソリューションがEPS の大規模フリートに展開できることを大変嬉しく思っています。そして、今後、このような業界をリードするプレイヤーからのフィードバックを通じて当社のシステムをさらに改善させていきたいと思います」

この新たなパートナーシップは、海運業界のデジタル化と脱炭素化における明確で協力的な取り組みを象徴するものです。