DeepSea Technologiesは、速度制御の自律型ソリューションでDNVの型式認証 を取得

  • News
  • Press

2024年6月XX日: ナブテスコグループの一員で海事用AI 技術のリーディングカンパニーであるDeepSea Technologiesは、筆頭格の船級協会であるDNVから同社の最新製品、DeepSea HyperPilotに対する型式認証を取得しました。 この製品は、運航期間にわたり、航行速度を自動的かつ正確に制御して燃料を節約すると共に、船長はじめ乗組員の操船能力を高めます。これは、DNVが推進制御系の速度調節を自動化するシステムに初めて付与した型式認証です。

HyperPilotは、簡単に後付けが可能な装置であり、船舶の現在位置に対応する速度コマンドを動的に取得し、それを自動的に推進制御システムに入力することにより、航海士が航路計画や速度計画に従って操船することを容易にします。 これにより、メインエンジンの回転数を何度も手動で調節するプロセスが不要になると共に、運航効率を最適化する速度をより正確に計画することが可能になります。 HyperPilotにより、航海士は、最適な速度をより厳密に維持することができるようになるため、DeepSeaの旗艦製品であるPythiaのような航路と速度の最適化ソリューションが船舶から引き出す価値がさらに高まります。 燃料と炭素排出量の節減効果が促進されると同時に、自動化に伴いユーザー体験もシンプルになります。

この型式認証は、HyperPilotソリューションが関連する国際規格およびDNVが定める船級規則の要件を満たしていることを証明するものです。 この型式認証の取得は、AIを原動力とする航海の最適化ソリューションを開発し、海運業界に広く普及させるというDeepSeaの取り組みを裏付けるものです。

製品の本格的な実装試験は、2024年の第3四半期に開始される予定で、年内の市場投入が計画されています。

DeepSea の共同創設者兼CEO のKonstantinos Kyriakopoulos博士は、次のように語っています: 「燃料効率を高めるための速度最適化の成否は、如何にして最適とされる速度に追従・維持できるかという正確性にかかっています。 HyperPilotを実装することで、船長や航海士は、船舶の航路と速度をより正確かつ容易に制御することが可能になり、船主や用船者に事業効率の飛躍的向上をもたらします。 DNVから型式認証を取得したことにより、効率的で持続可能な自律型船舶を市場に普及させる当社の革新的なソリューションの開発をこれからも継続していく道が拓かれました」

DNV のDigital Ship Systems 部門の責任者であるJarle Blomhoff氏は、次のように述べています: 「我々は、この新しいシステムに関してDeepSeaに協力できたことを大変喜ばしく思っています。 また、システムが健全な技術基盤の上に確立されていることを実証しようとする彼らの取り組みに称賛を送ります。 エネルギー効率を向上させることは、海運がより持続可能な未来に移行するための変革の必須要件であり、自律システムの潜在能力を活用して船の乗組員を支援することは、海運業界にとって心躍る進歩です。自律システムの導入は複雑性を伴うため、このようなシステムでは、その安全性能を評価できる枠組みが不可欠となります。そこで、DNVでは、お客様が十分に構築された信頼関係に基づき新しい技術を取り入れることができるよう、自律型船舶についても船級ガイドラインのような規則やガイドラインの策定を継続的に行っています」