• AI & Data
  • Voyage Optimisation

ワレニウス・ウィルヘルムセンと共にゴールポストを動かす-ケーススタディ全文を読む

Author
Angus Whiston
Communications Director
  • Knowledge Hub

運航最適化における画期的な成功事例

ワレニウス・ウィルヘルムセンは、所有する120隻余りのフリートの全船舶にDeepSeaのAIを活用したパフォーマンスルーティングを導入しています

この導入は、厳格なトライアルプロセスを経て決定されました。 導入の成果は驚くべきもので、船舶効率は6.9% 改善し、フリート全体の二酸化炭素排出量は、170,000トン以上の削減が期待できることが分かったのです。

ワレニウス・ウィルヘルムセンとDeepSeaによる共著のケーススタディを読めば、以下の質問の答えが見つかります:

  • ワレニウス・ウィルヘルムセンは、この技術を如何に実践したのか
  • 彼らは、組織の中でどのようにサポート体制を構築したのか
  • プロセスの全成果
  • 彼らと同様の効率改善を御社のフリートで実現する方法

ケーススタディのダウンロードはこちらから:

DeepSeaとの協力は、当社の船舶の運航と運用の効率を改善し、二酸化炭素排出量を大幅に削減し、さらに今後何年もフリート全体が大気排出規制に準拠し続けるためにも重要になるでしょう」

ワレニウス・ウィルヘルムセン社エネルギー効率および性能部門シニアマネージャー、Adam Larsson