DeepSeaについて

最先端AIの海運業界への導入

さらに詳しく

真にインパクトを与えるため

DeepSeaは、船舶の効率を高めるのに最新のAI技術を用います。 DeepSeaは、テクノロジーと海運の専門家を結集し、詳細なAI生成パフォーマンスモデルを基に、技術上と運航上の知見を組み合わせることで、効率の向上や燃費の削減に力を注いでいます。

ぜい肉を落として競争力を増し、より環境にやさしく、連携のとれた海運業界にすべく、先見性のある船会社と協力しています。

沿革

2014
2015
2016
設立
2017年、海運業界でAIの力を最大限発揮させるためにDeepSeaを設立
2017
カサンドラプラットフォーム
DeepSeaのAI搭載船舶最適化プラットフォーム、カサンドラ発売
2018
ETFの投資
ロンドンを拠点とするエンバイロンメンタル・テクノロジー・ファンドからの投資
2019
ピシア プラットフォーム
DeepSeaのAI搭載航海最適化 プラットフォーム ピシア発売
2021年7月
ナブテスコの投資
ナブテスコによる投資と パートナーシップ締結
2021年7月
7%の節約を立証
ワレニウス・ウィルヘルムセンが世界で初めてAI搭載航海最適化技術を全フリートに採用
2022年9月
シフトプロジェクト
DeepSeaが、AIに関する国際的産学連携構想立ち上げ
2022年10月
2023
2024
2025

波を起こす

300+
90+

所在地

海運で一番のAIチーム

DeepSeaのAIチームは、海運業界でもっとも進んだAIチームです。 会社のカルチャーとして積極的に研究に取り組んでおり、世界の学界に論文を寄稿し、AIに関する国際的取り組みを行い、これらの進歩を私たちの効率向上製品に取り入れています。
AIに関する私たちの活動を見る

「AIは脱炭素の秘密兵器-あらゆるフリートを劇的に向上させる特効薬です。 CII、採算性、資産価値-私たちの顧客が主要な数値指標を全体的に改善する助けとなります」
コンスタンチノス・キリアコプロス、 DeepSea CEO

世界トップクラスのチーム

コンスタンチノス・キリアコプロス博士
CEO兼共同創設者
コンスタンチノスは、DeepSea号を率いる船長です。
ロベルト・クスタス
社長兼共同創設者
ロベルトはDeepSeaのビジョンのかじ取りをします。
スタブロス・パスカラキス
CTO
スタブロスは、DeepSeaのすべての技術部門をまとめて業績を拡大します。
アルキスティス・キリアコプル
チーフオブスタッフ
アルキスティスは、DeepSeaの各チームが同じ方向に向かうようにします。
パナジオタ・ツィオバ
製品部長
パナジオタは、世界トップクラスの製品を作るためDeepSeaの精鋭をまとめます。
シメオン・ハチジョージオ
ビジネスパートナーシップ部長
シメオンはDeepSeaと主な戦略的パートナーや供給業者との重要な関係を先導します。
Gabriele Dado
Revenue Director
Gabriele is at the helm of DeepSea's long-term growth
Antonia Georgaraki
Customer Operations Director
Antonia takes care of DeepSea customers and operations
Panos Karalis
Cloud & Infrastructure Director
Panos is responsible for the Cloud environments as well as for the IT department at DeepSea.
ジョージ・カバディアス
ソフトウェア開発部長
ジョージは、DeepSeaの製品のビジョンを解釈し、実際のプラットフォームに落とし込みます。
イオアニス・マクリス
QA部長
イオアニスは、ユーザーが毎日使用するDeepSeaのプラットフォームが堅固で信頼できるようにします。
アントニス・ニキタキス
AI研究部長
アントニスは、私たちのプラットフォームを支える世界トップクラスのAIを作るため産学の橋渡しをします。
リナ・オルセン
財務部長
リナは、DeepSeaの装置が効率よく確実に動作するようにします。
クリストス・パパクリストウ
IoT部長
クリストスは、ソフトウェアとハードウェアの専門知識を統合してDeepSeaのニューロシステムを構築します。
スタティス・プリソス
イノベーション部長
スタティスは、社外に目を向け、資金提供機関、政府、業界、学界との連携を図ります。
イオアナ・ シオログ
ピープルオペレーションズ部長
イオアナは、技術変革や革新のトップチームを育成・維持します。